足は汗から来るにおいがほとんど

足のにおいは汗が原因。足は毎日洗っても汗をかいてまた洗わないとすぐ臭くなる。靴下にもよるが靴にもよると思う。ムレるのが絶対原因だとおもいます。人それぞれの体質にもよるが、汗かき症の私は、自分の足のにおいがきになってしかたない。回りの人にもにおっているのではないかと思い、また汗が出てきてしまい大変です。足を洗うとスッキリします。

角質も軽石などでこすって、アカもアカすりでこすりかなり念入りに洗います。でも汗をかくとにおいます。靴下がスポーツタイプのサポーター風のだと締め付けられて汗ばみます。永遠に洗うと汗かくはくりかうさないとだめですね。風呂に入れば足は必ず洗うものだけど適当に指の間を洗うだけだとくささが増す気がする。

新しい靴だとまだ汗の吸収があるからそこまでではないが、はきなれた洗ってない革靴だとすぐくさくなるきがする。聞いた話によると重曹を耳掻き一杯位靴の中に入れて靴を履くとあせを吸ってくれるので匂わなくなるって聞いたことがあるんです。都市伝説でしょうか?まだやったことはないんですが、聞くのであればやってみたい気もします。どうしてもにおいが気になってしょうがなくなったらやってみようと思います。

足の臭い対策を始めるきっかけになった出来事

独身時代に働いていたころ、ブーツにハマっていた時がありました。
合わせやすいブラックやブラウンのショートブーツやロングブーツ、とりあえず一通りは購入して持っていたので、その日の服装や気分、天気に合わせてコーディネートを楽しんでいました。

自分はあまり気にしていなかったのですが、友人がブーツを履いたあとの足の臭いが気になるから履かない、と言っているのを聞き、意識するようになりました。

確かに、蒸れたブーツと足の臭いを気にしだすと、何か対策しなくてはいけないレベルでした。
もしかしたら、私の足の臭いが気になった友人が遠回しに警告してくれたのかもしれない、と思い焦りました。
早速ネットで調べてみると、足用の石鹸があることを知り、試してみることにしました。

ブーツの消臭も欠かさずおこなうことで少しでも不安を消そうとしたのですが、気にし過ぎるあまり、ブーツを履く回数が減りました。
ブーツを履かないだけでも足の臭いは抑えられるようになりましたが、この出来事をきっかけに、足の臭いのケアには気を付けるようになりました。
石鹸を変えるだけでは満足いかず、出勤前には足にも制汗スプレーをかけるなど、人一倍足の臭いを気にする日々です。

SNSでもご購読できます。