足の臭い

足の角質とりで、綺麗で無臭な足に

私の場合、以前から足の臭いで悩んでいましたが、特に、冬の電車の中って、この臭いが目立つのです。なぜか、この足の臭いだけが目立つ。電車の中って不思議な空間なのです。

電車の乗るのも嫌だと思った私が臭いを無くそうと取り組んだこと、それは角質を取り除く事です。
ある時期、なんとなく、お風呂でT字カミソリを使い、かかとを剃るようにしてみたのです。かかとがふやけて白くなってたので、T字カミソリでかかとをなぞってみたのです。するとかかとの皮が削れるのです。

あきらかにその部分に溜まってたものを掻きとったという感じでした。
その後は、かかとだけではなく、親指の付け根の内側同士、かかとと土踏まずなんかをこすり合わせてボロボロとってみました。
毎日続け、足のザラザラとした感覚がなくなると同時に、臭いも無くなってきたのです。

足の臭いの原因は、垢や角質をエサとする雑菌が繁殖し、足の皮脂と混ざり合い臭いが発生すると言われてます。ですので、この角質取りは有効だったのです。

今では、結構足の汗をかくのは変わりませんが、靴や靴下などの臭いをかいで確かめても、、履いていた靴の革の臭いか、靴下の繊維の臭いしかしないほどなのです。
足の臭い対策として、これはかなり有効的だったのです。

自分の足の臭い、足の臭いに関する感想

足の臭いは冬より夏に良く気になります。
足が臭うのは足には、もともと潜んでいる常在菌が汗と混ざって皮脂や古い角質、アカなどの汚れを分解して臭いの元となる物質が出来ているのだと思います。

足は背中の5から10倍の汗をかくと言われます。
足は一日にコップ一杯分の汗をかくそうです。

角質も常在菌が分解される事で臭いを発するのだと思います。足の角質は厚く、かたくなっているので垢となり剥がれ落ちる角質が多くなるのだと思います。

私は対処法は靴下をなるべく通気性の良い物を選んで履いていますが、夏は特に気をつけています。
薄くて風通しの良い物を選んで履いています。

お風呂に入った時には、一本一本指の間までシッカリ洗う事を心がけいます。
靴も同じ靴ばかり履くのではなくて何足かを使い分けて履く方が良いのでないかと思います。

ストレスなども臭いの原因を作ってしまうかもしれないのでストレスにも気をつけたいものです。
私は長く水虫にも悩まされていましたが、薬を随分長く飲んでいました。

なので今は水虫の悩みからは今は解放されましたが、またいつ水虫が出来るか?と思うと怖いので足のケアは気をつけています。
水虫が治り臭いも軽減したように思います。
これからも臭い対策気をつけたいと思います。

臭い対策にはミョウバンを

足の臭いに悩んでいる人は多いと思いますが、私もその一人なのです。
自分でも解るくらい足が臭いのです。

この原因なのですが、とにかく足の裏にかく汗の量が半端ないのです。
例えば、裸足でスリッパを履くと少し歩くだけで足裏がヌルヌルになってしまう程なのです。

「靴下を履いて蒸れると臭くなるのだから、裸足になればいいのでは?」と簡単に言えないのです。

その靴下も薄手にして、通気性の良いものにするのですが、結局汗でビショビショになり、臭くなるのです。
靴底に敷く脱臭シートなんて、全く効き目なし。脱臭シート自体が臭くなるのです。
そこで、私の行っている対策は、ずばりミョウバンです。
これと水を混ぜて「ミョウバン水」を製造するのです。

これを足にスプレーするだけで足の臭いの悩みを軽減したのです。
ちなみに、これを靴下の内側に少し多めにスプレーするだけで、見違えるほどの臭い削減となるのです。ミョウバンは古くから使われている食品添加物なのでふしぎなのですが、さすがに昔からある知恵なのかもしれません。

ただ、これはあくまで、靴下の臭いを無くすものであって、足自体の臭いを根本的に減らしているものではありません。
それでも、これだけ臭いが違うだけでも気分は変わるものです。

足の匂いを軽減した経験

足の匂いが酷く困っていました。靴の中の匂いが置くだけで臭う。歩きだけで「ぱぱがいる」「臭い」で日々悩んでいました。靴下脱いでも、臭うなどどこからどこから臭いが来るのかと。日常では、一日一回風呂に入る時に足を石鹸できつくこすっているだけでした。

そこで、炭ががいいと聞き、炭が入ってる石鹸と靴の中に炭、炭の素材が入ってる靴下を使うことにより、臭いが減りました。

まず、石鹸は市販の黒く大きい目の炭石鹸です。炭は肌に良いらしく、他に脇の下の臭いや陰部の臭いもとれて清潔感がましました。足の臭いは100パーセントというわけにはいかないが臭いは減りそれが続くようになりました。足を始め、体全体からの臭いがへりました。続いて、靴の中に炭を入れるのは、炭の塊を家にいる時は入れてます。

これは二次的なものですが、靴の中の臭いはなくなりました。炭の素材が入った靴下の場合は、まず単価が高いので貧乏な自分として財布が痛かったです。

しかし、靴下毎日履くものなので非常に普段家で履いて歩いていても、「ぱぱ臭い」「ぱぱの臭いがする」と言われなくなり、実感をしています。このように足の臭いを軽減させて体験を記させて頂きました。足、脇などは日々戦いだと実感しました。

足は汗から来るにおいがほとんど

足のにおいは汗が原因。足は毎日洗っても汗をかいてまた洗わないとすぐ臭くなる。靴下にもよるが靴にもよると思う。ムレるのが絶対原因だとおもいます。人それぞれの体質にもよるが、汗かき症の私は、自分の足のにおいがきになってしかたない。回りの人にもにおっているのではないかと思い、また汗が出てきてしまい大変です。足を洗うとスッキリします。

角質も軽石などでこすって、アカもアカすりでこすりかなり念入りに洗います。でも汗をかくとにおいます。靴下がスポーツタイプのサポーター風のだと締め付けられて汗ばみます。永遠に洗うと汗かくはくりかうさないとだめですね。風呂に入れば足は必ず洗うものだけど適当に指の間を洗うだけだとくささが増す気がする。

新しい靴だとまだ汗の吸収があるからそこまでではないが、はきなれた洗ってない革靴だとすぐくさくなるきがする。聞いた話によると重曹を耳掻き一杯位靴の中に入れて靴を履くとあせを吸ってくれるので匂わなくなるって聞いたことがあるんです。都市伝説でしょうか?まだやったことはないんですが、聞くのであればやってみたい気もします。どうしてもにおいが気になってしょうがなくなったらやってみようと思います。

足の臭い対策を始めるきっかけになった出来事

独身時代に働いていたころ、ブーツにハマっていた時がありました。
合わせやすいブラックやブラウンのショートブーツやロングブーツ、とりあえず一通りは購入して持っていたので、その日の服装や気分、天気に合わせてコーディネートを楽しんでいました。

自分はあまり気にしていなかったのですが、友人がブーツを履いたあとの足の臭いが気になるから履かない、と言っているのを聞き、意識するようになりました。

確かに、蒸れたブーツと足の臭いを気にしだすと、何か対策しなくてはいけないレベルでした。
もしかしたら、私の足の臭いが気になった友人が遠回しに警告してくれたのかもしれない、と思い焦りました。
早速ネットで調べてみると、足用の石鹸があることを知り、試してみることにしました。

ブーツの消臭も欠かさずおこなうことで少しでも不安を消そうとしたのですが、気にし過ぎるあまり、ブーツを履く回数が減りました。
ブーツを履かないだけでも足の臭いは抑えられるようになりましたが、この出来事をきっかけに、足の臭いのケアには気を付けるようになりました。
石鹸を変えるだけでは満足いかず、出勤前には足にも制汗スプレーをかけるなど、人一倍足の臭いを気にする日々です。

靴をしっかりローテーションさせて臭いスッキリ

飲食店のキッチンで働いていた時、とにかく足の臭いが気になって仕方が無かったです。空調の関係でキッチンはいつも暑く、おまけにある程度広さのあるキッチンを動き回るので汗をかくんですよね。そのため、キッチン組はなんとなく汗臭い人が多かったです。特にやばかったのがロッカールーム。着替えの時はもわっと嫌な臭いが広がっていました。あの頃、キッチン組にとって汗の臭い、特に足の臭いは共通の悩みだったように思えます。

そんな時、たまたま通販でシンプルなスニーカーの5足セットがとても安かったのでバイト用に購入しました。安い物なので適当に洗濯ネットに入れてそのまま洗濯機で回しちゃったりして。こういう洗い方ができるので週に一度はスニーカーを変えるようになったんです。すると、びっくりするくらい足の臭いが軽減されました。どうせ足が臭いからとあまり洗わなかったのですが、靴をこまめに履き替えるだけでここまで効果が出るものなのかと驚きましたね。

それからはキッチン組の人にこのことをおすすめしたら、女性陣からこまめに靴を履き替えるようになりました。あの臭かったロッカールームの臭いも軽減しましたよ。つまり、それだけ菌がいっぱいの靴を履き続けていたんだなと思うとちょっと怖いですね。

なかなか改善は難しいものです

 私は夏になると、汗の量が増え蒸れるためか足の臭いが強くなるような気がします。履物を脱ぐと、むうっとしたなんとも言えない臭いが漂ってくるのです。恥ずかしくてあまり人に相談できないのですが、夏になると自分なりに対策を行っています。
 
 1番使用するのは消臭・除菌スプレーです。履く前と脱いだ後に靴にスプレーするようにしています。職場に置きっぱなしで滅多に履かないパンプスには、お菓子などに梱包されている乾燥剤を靴の中に入れています。その効果なのかは不明ですが、パンプスから異臭がすることはありません。
 
 基本的に靴を履くときには靴下やストッキングを履くようにしていますが、夏のサンダルはそうもいかないため、サンダルが直に汗を吸収するためすぐに臭いが強くなる印象があります。洗えるような素材のサンダルは定期的に天気がいいときに洗って干してますが、洗えないタイプのサンダルについては、臭いが強くなり消臭・除菌スプレーで対処できなくなればすぐに捨てています。
 
 そのため、基本的には洗えないタイプの履物はあまり購入しないようにしており、洗えなくても流行などでどうしても欲しい履物があるときは、メーカーにはこだわらずネットやお店を見て比較し、1シーズンで履き潰す勢いで3000円以下の安いものを購入します。
 夏に汗は止められないので、個人的には足の臭いを改善することは難しいのではないかと考えています。消臭・除菌スプレーの使用や靴下の着用、購入する履物の種類に気を遣って、できる限り足元を清潔に保っていきたいです。
 
 

女子会で自分の足がくさいのがバレた

当時、月一でなんだかんだ理由をつけて女ばかりで
8人くらい集まってました。
冬のある日、鍋の会といって 個室を予約したと言って誘われました。
普段なら断らないものの、連日連勤で立ちっぱなしで忙しく身体は疲れてたので 断わろうと思っていました。
が、料亭の個室で人数分の予約をしたとの事で
断るのは無しだと言われました。

しぶしぶ?参加してお座敷で靴を脱ぐときに
わたしは気づいてしまいました。
足が臭いことを。
女子会のメンバーは、美容師をはじめアパレルがいたりと 華やかで綺麗にしていました。
わたしもお洒落は好きなのです。

その日はパンツにくるぶしソックス、スニーカーでした。
スニーカーはパンプスに比べて臭いがこもります。
明らかに臭いので トイレに行っている振りをして
一番最後に靴を脱いで入りました。

一度脱ぎかけてるのにトイレに行ったので不自然だったと思います。
もう、正座でかなり姿勢が良かったです。
ちょっとおかしかったのか 隣の友人は 話をしていても
口元が歪んでました。
臭いのか、面白いと思ったのか。

なので、解散したら即家に帰り 足湯をしました。
疲れて足が臭くなるなんて 何の成分?と思いながら
足湯や半身浴はやればやるだけいいと聞いたので
ドラマ観ながら2時間はやっていました。

疲れたときは足湯をして足裏の新陳代謝を促しています。
臭いは改善されてるので効果はあります。

改善することがそんなに難しくはない

足の匂いというのは割とどんな人でも臭くなるということにはなるのですが対策をするということによってそれなりに改善するということは簡単にできるようになっています。それはどのようにやるのか、ということなのですが基本的には洗うことです。

足を清潔にするということでかなり足の匂いというのは改善できるようになっていますからそこまで心配することではないです。つまりは、お風呂などに入ったときにきちんと足を洗うようにするということにすればほとんど問題なく足の匂いというのは改善できるようになります。

後は靴下をしっかりとした清潔なものにするとか靴の消臭をするようにするとかそのようなこともやっておいた方が良いです。ひとつのことで完全ににおいを取り除くことができるというわけではありませんからその点のことは注意しておかなければならないとは言えるのですが、その上で考えることが要するに足を清潔にするという全般的な行為を行うということがお勧めできるわけです。

消毒用せっけんなんてものもありますのでそういうものを活用すれば綺麗にできることでしょう。値段も大したことではありませんから、心配する事はないので試してみるようにしましょう。

テロ級の足の臭い、〇〇を変えただけで劇的改善!

靴を脱ぐのが怖い…
なんなら脱がなくても抑えきれない激臭が漏れ出している。

一緒に働く女の子たちから「ねぇ、なんかこの辺すごい臭いしない…?」と言われた時の絶望感ったらもうありゃしません。
その原因が僕にあるというのを知らずに言うから余計にストレートで胸を抉る。

本当に辛かった。

そんな僕も、ある物を変えただけで足の臭いが一気に改善されました。

そのある物とは、靴です。

特別なものではありません。少しクッション性の優れた足に優しい靴を新たに購入した、ただそれだけです。
ちなみにABCマートで5000円しませんでした。

足の臭いにお悩みのあなた、もしかして同じ靴をずーっと履き続けていませんか?僕はそうでした。仕事で革靴を履くのですが
休みがほとんどなかったこともあり、ほぼ毎日ずっと靴が潰れるまで履き続けていました。

冷静に考えればわかることです。

同じTシャツ何日続けて着れますか?
同じパンツ何日続けて着れますか?

1日しか着れないって人も少なくないんじゃないですか?
それなのに、靴は何日でも、下手したら何週間、何か月と履くわけですから、そりゃあ臭くなりますよね。

靴もなるべく休ませて何足かをローテーションすること、また乾燥材で湿気を取ったり日陰で干したりと相応の
手入れを行うこと。それだけで驚くべき程に改善されます。

どんな消臭クリームでも太刀打ちできなかった僕の足の臭いがです。

また靴の寿命が近づき足にかかる負荷が大きくなって足が痛くなるとそれに連れ臭いも増していました。
なのでインソールを入れたり靴を買い替えるなどして足の負担を和らげられると臭いも収まります。

嘘だと思われる方、ぜひ一度試してみてください。

あなたがどうしようもないと思っている足の臭いは、足のせいではなく靴の激臭が足に移っているだけなのかもしれませんよ。

ニオイが気になって、いろいろな方法を試して行き着いたモノ

小学生くらいの頃までは、足のニオイが気になることはありませんでしたが、中学に入った辺りから、何故だか突然足のニオイが気になるようになりました。

それなのに、運動が苦手だった私は茶華道部に入ったため、上履きは脱いで和室で活動することになりました。
上履きを履いて過ごしているだけならともかく、さすがに靴下は履いているとはいえ裸足になるのに、臭いままではいけないと、ドラッグストアで足のニオイ対策の為のクリームを買って使ってみました。

勿論、そのために開発されているため、効果はバツグン。足のニオイを気にせずに上履きを脱げるのは気が楽でした。
ですが、しっかりとした商品なので700円以上します。

使える回数や効果を考えれば妥当な価格ではありますが、なにせ中学生なのでお金がない。
欲しいものが沢山ある中で、たまに買えばいいだけとはいっても、700円以上の出費は辛いものがありました。

そこで、他になにか、出来るだけお金をかけずに、かつ効果もそれなりにあるいい方法がないかとネットで探すことにしました。
そこで見つけた方法がミョウバンを水に溶かしたミョウバン水をスプレーするというものです。

ミョウバンには消臭効果があるらしく、最初に私が買ったクリームもミョウバンの消臭効果を利用した商品であることに気付きました。
足のニオイは勿論、全身の汗のニオイにも効果があるとのことで、そちらにも少し期待しつつ、早速試してみました。

ミョウバン自体は近所のドラッグストアでは200円程度でした。しかし、ニオイ対策用に作られたクリーム程の効果は期待できないだろうと思って、クリームを使いながら、出来たらその消費量を節約できればというくらいの気持ちだったのですが、ミョウバン水だけでも効果が高く、以来クリームをほぼ使わなくなりました。

長時間靴を履いていた時の持続効果はクリームには敵いませんが、短時間なら充分で、出費も抑えられました。